INVENIO CHINA トップページ

>

当社のInsight・メディア掲載

当社のInsight・メディア掲載

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第10回」
我、事において、後悔せず

2015年3月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために活かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ 総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第10回は、旭化成(中国)投資董事長・総経理、近藤修司さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第9回」
人に添うてみよ、馬には乗ってみよ

2014年12月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第9回は、井上邦久さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第8回」
自分1人では何もできない

2014年11月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第9回は、コンビホールディングス副社長の河西省さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第7回」
過去と他人は変えられない 未来へ目を向ける

2014年9月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第7回は、パソナ人材サービス董事長兼総経理の山本和範さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第6回」
心想事成、想いは成る

2014年8月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第6回は、京セラ(中国)商貿董事兼総経理の後藤雄次さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第5回」
意志あるところに道は通ず

2014年7月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第5回は、富士膠片(中国)投資総裁の太田雅弘さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第4回」
熱い想いをクールな頭で実現

2014年5月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第4回は、森ビル(上海)総経理の大橋裕治さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第3回」
「ちょうどいい!」で乗り切る

2014年4月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第3回は、コクヨ商業(上海)総経理の井上雅晴さんです。 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第2回」
猿も木から落ちれば、また登る

2014年2月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、インヴィニオチャイナ総経理CEOの大城昭仁が日系企業の経営トップを招き、世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第2回は、日本電信電話常務理事で中国総代表の稲葉雅人氏です 詳細 PDF >>

「本立道生 対談
中国経営トップのリーダーシップストーリー 第1回」
「魂の自立」で本質をつかむ

2014年1月号 | WheneverBizCHINA

当対談では、「本立道生」のために生かせる人生のヒントを探るべく、毎回日系企業の経営トップを招き、その方の世界観や人間観、リーダーとしての持論をお聞きします。第1回は、トヨタ自動車(中国)投資上海分公司総経理の阪本敦さんです 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
中国から起こるマネジメントのイノベーション

2013年10月号 | WheneverBizCHINA

1年半にわたった連載だが、今回が最終回となる。これまで顧客先での取り組み事例を交え、人材マネジメント、とりわけ組織開発・人材開発の事例や理論をご紹介してきたが、今回は私自身の思いを込めて、中国の日系企業のこれからのマネジメントについて書かせていただきたい。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
日本式問題解決手法が浸透しない理由

2013年9月号 | WheneverBizCHINA

問題解決研修がしっくりこないという声をよく聞く。受講者が退屈そうだし、学んだことを使っていないというのだ。問題解決研修は多くの企業が行っている定番研修だし、日本企業の強みの源泉”カイゼン”につながる重要なこと。これはどうにかしたいと、ある企業の方々とともに問題解決法の”問題解決”に取り組んだ 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
インテグレーションに向けた「選抜教育」と「組織開発」

2013年8月号 | WheneverBizCHINA

ここ数年、投資公司、管理公司などといった形で、中国全体の統括会社を置く企業が増えている 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
小規模組織の研修は「共通言語」と「組織風土」作りから

2013年7月号 | WheneverBizCHINA

「初めて人材育成研修を導入するのだが、人によって身につけるべき能力やレベルが違い過ぎてテーマを決めかねている」。こういうお話をよく聞く 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
教えても、教えても、行動が変わらない理由

2013年6月号 | WheneverBizCHINA

「ビジネスマナーの研修を毎年しているが、社員のマナーが良くならない。研修直後はやってみる社員もいるが、1カ月もするとみんな元に戻ってしまう」。このような、研修効果を疑う声をよくお聞きする 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
投資効果のある人材は「資質」で選抜する

2013年5月号 | WheneverBizCHINA

「せっかく人材育成に時間とお金をかけるなら、効果の高い人に投資したい」。新たに研修体系を整備する企業でよくお聞きするご要望だ。中国では高い離職率もあ り、日本よりも人材投資にメリハリを付けるケースが多い。ならば「何を」やるかの前に「誰に」やるかを考えることの重要性は高い。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
自己開示からはじまる「相互学習型」管理職研修

2013年4月号 | WheneverBizCHINA

最近、管理職の研修についてのご相談が増えている。とりわけ、「いまは『マネジメントのイロハ』を学ぶ研修をやっているが、どうも定着しない。学んだことが実行に移されない。もっと実のあるものにするにはどうしたら良いのか」というご相談が多い。今回は、このような課題に応える研修の事例をご紹介したい。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
研修の効果検証について

2013年3月号 | WheneverBizCHINA

昨今の厳しい経営環境の下、来期の人材育成の企画について、縮小を余儀なくされたり、経営層や日本本社から「効果」を厳しく追及されているというお話をよく伺 う。今回は、研修の効果検証について考えてみたい。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
答えのない時代に求められる相互の学び

2013年2月号 | WheneverBizCHINA

高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文など、幕末・明治期に多くの人材を輩出した松下村塾。吉田松陰という"大先生"の下に、多くの弟子たちが集い、学んだというイメージを持たれている方も多いだろうが、実態は少し違ったようだ。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
「行動から理解」が生む自律的な学び

2013年1月号 | WheneverBizCHINA

問題解決とは何かがやっと分かってきました」3カ月間の研修、最終回にある受講者がこう言った。この研修では問題解決力の強化をテーマに、1カ月に1回の集合研修を3回行う。そして集合研修の間で自部署の問題を各自が分析し、解決策を考えて講師や他の受講者が添削指導をする。 詳細 PDF >>

組織変革のプロフェッショナル中国事業を本格展開

巻頭インタビュー | WheneverBizCHINA

国経済の転換期に、日中関係の悪化が重なり、日系企業の経営環境が大きく様変わりしつつある。こうした中、日系企業はこれまで以上のスピードで事業と組織を変革していくことが求められている―。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
「関係の質」徹底向上が研修効果を高める

2012年12月号 | WheneverBizCHINA

当社が研修やワークショップを設計する際に活用しているモデルの一つに、MIT教授のダニエル=キム氏が提唱する「成功循環モデル」がある。このモデルによると、組織がうまくいくときは、下図のような好循環が起きている 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
組織を「生命体」と捉えてみる

2013年11月号 | WheneverBizCHINA

元サッカー日本代表監督で、現在は中国のプロサッカーチーム「杭州緑城」の監督を勤める岡田武史氏は、理想のチームのあり方を、一人ひとりの間に神経が通 い合い、まるで1つの生命体として機能するような「生物的組織」と表現する 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
「異文化」では説明がつかない日本と中国の価値観ギャップ

2013年10月号 | WheneverBizCHINA

駐在員が赴任に際して受ける定番の研修が「異文化」コミュニケーション研修だが、中国で起きるコミュニケーションギャップの原因は、本当に「異文化」なのだろうか? 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
駐在員に求められる「経営感覚」

2013年9月号 | WheneverBizCHINA

以下に挙げるのは、ある日本企業の中国トップに、駐在員の課題についてお聞きしたときの言葉である。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
戦略・ビジネスモデルと求める人材像をマッチさせる

2013年8月号 | WheneverBizCHINA

4〜6月期の中国の経済成長率は、3年ぶりの8%割れとなった。業種や都市による違いはあれ、中国経済は高度成長期を終え、安定成長期に入ってきたように見える 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
「リーダーシップ」と「領導力」は違う

2013年7月号 | WheneverBizCHINA

「導力」と訳されるが、この訳はみなさんが部下に求めている「リーダーシップ」を正確に表していない場合が多いことを指摘したい。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
研修効果を最大化する「習得の4段階」

2013年6月号 | WheneverBizCHINA

「研修がやりっぱなしになっている」という言葉をよく聞く。事前準備やフォローが不十分なため、十分な効果が得られていないという課題意識の表れだろう。 詳細 PDF >>

人と組織の力を高める『人材マネジメントラボ』
「自分で考える人材」をつくる

2013年5月号 | WheneverBizCHINA

3月5日、全人代で実質GDP成長率目標が8年ぶりに7.5%に引き下げられた。先月号で岡三証券の塩川克史氏が述べているように、中国経済は高度成長から安定成長の時代に入ったと言える。 詳細 PDF >>

競争時代の新しい人材開発を提案

上海ビジネスパーソンの肖像 BizPresso誌

「競争激化の時代を勝ち抜くための人材育成が求められています」 詳細 PDF >>

人材育成を主題にセミナー開催
リーダーシップ開発のカギを説明

201年3月 | BizPresso誌

インヴィニオの現地法人、インヴィニオチャイナが2月29日、「現地主導に向けたリーダーシップ開発と人材育成体系の構築」と題するセミナーを上海市内で開催した。 詳細 PDF >>

ページの上部へ戻る